第181回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が開催されました

第181回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和2年11月7日(土)

13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)

参加者数:53名

今回は、資料の新しい読み方「ブロック読み」について、横山先生からお話がありました。先生自身の新しい考え方で、1回では説明しきれず、次回この続きをお話してくれるとのこと。どんな話になるのか今から楽しみです。

▼第182回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(12月会)案内

日時:令和2年12月5日(土) 13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)

定員:60名(当日会場にお越しください)

第180回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が開催されました

◆第180回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和2年10月10日(土)

13:30~17:00

会場:兵庫県学校厚生会館(元町)

参加者:45名

昨年の10月会と同様に、今回も台風が直撃するのかとひやひやしましたが、台風が南の海上を東に進んだので、第180回勉強会も無事実施することができました。今回も、「どのように対話に持ち込むのか?どのようにして《それ》を広げるのかPart2」をテーマに学習が進められ深い学びがありました。次回も、この続きが学べるとのかと思うと、1か月後がとても楽しみです。

▼第180回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(11月会)案内

日時:令和2年11月7日(土) 13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)

定員:60名(当日会場にお越しください)

参加費:1,000円

第179回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(9月会)53名の参加で開催されました

◆第179回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

                 (9月会)

日時:令和2年9月19日(土)

13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)

参加者:53名

今回は、「どのように『対話』に持ち込むのか?」・「どのようにして、『それ』を広げるのか?」ということをテーマに学習しました。また、「個性」について深く学ぶことができ、とても納得した勉強会でした。道徳の授業で、どう『対話』を広げ、どう深めていくのかをもっと学びたいので次回が楽しみです。

 

▼第180回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(10月会)案内

日時:令和2年10月10日(土) 13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)

定員:60名

参加を希望される方は、下記アドレスの申し込みをしてください。よろしくお願いします。

 

 ◆申し込みメールアドレス:

   doutokunaviosaka2@gmail.com

 

 

 

第177回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(7月会)が開催されました

◆第177回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(7月会)

日時:令和2年7月18日(土)      

13:30~17:00

場所:学校厚生会館(元町)

参加人数:50名

先月は、自己紹介で勉強会の時間のほとんどを使ってしまった反省から、今回は自己紹介がとても短く代わりに横山先生のお話をいっぱい聞くことができました。道徳の時間で子どもたちの今置かれている状況を打破する(互いの心と心をつなぐ)そんなことができるとのお話、とてもすてきでした。

次回は、第178回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(8月会)です。

まだ、8月2日(日)の方が少し参加できます。また、8月2日の会場が、兵庫県学校厚生会館(元町)に変更になりました。間違わないようにしてください。

◆第178回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

8月2日分)

178回(8月2日) 案内 200627   

日時:令和2年8月2日(日)

10:00~16:00

場所:兵庫県学校厚生会館(場所が変わりました)

兵庫県学校厚生会館 アクセス

参加費:3,000円

 

第176回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(6月会)を57名の参加で行いました

◆第176回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(6月会)

日時:令和2年6月27日(土)

13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館

参加者:57名

3カ月ぶりの勉強会でした。参加者は待ちに待った勉強会で思いも強くその思いを交流するのに3時間以上かかりました。でもみんなの思いが語られとてもすてきな勉強会になりました。

①第177回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

(7月会)案内:

日時:令和2年7月18日(土)

13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(元町)定員60名  

兵庫県学校厚生会館 アクセス

参加費:1,000円

*定員(60名)。昨日の勉強会で参加申し込みが多数あり定員の締切が近づいています。まだお申込みでない方は下記のメールで申し込みをしてください。定員になり次第申し込みを締め切ります。コロナウイルス感染防止のため、定員締め切り後の申し込みは受付致しかねますのでよろしくお願いいたします。

◆申し込み:

 参加を希望される方は、参加者名簿作成のため、名前(フルネーム)と所属(所属がない場合はお住まいの府県名)を書いて、「第177回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(7月分)に参加する旨」を、下記のメールで川﨑宛にお送りください。

 ◆申し込みメールアドレス:

   doutokunaviosaka2@gmail.com

②第178回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(8月1日)は、定員になり参加申し込みを締め切りました。

 今回はコロナウイルス感染予防のため、通常の半分の参加人数で勉強会を実施します。そのため、「勉強会にどうしても参加したいのにもう締め切り」という参加希望の声を多数伺いました。

それで、急遽8月1日と同じ内容を、翌日の8月2日(日)に下記のように行うことを決定しました。

◆第178回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(8月2日分)

日時:令和2年8月2日(日)

178回(8月2日) 案内 200627           

10:00~16:00

場所:兵庫県民会館 

(JR・阪神元町駅から北へ500m  徒歩約7分)

http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

神戸市中央区下山手通4-16-3   TEL 078-321-2131

参加費:3,000円

日程 8月2日(日)   

①10:00~11:30 横山先生講話① 教材読み・発問工夫

②12:30~14:15 模擬授業・事後検討会

③14:30~16:00 横山先生講話②

「3密を避けながらも子供が熱中する道徳の授業を作るために」

5.申し込み:

 参加を希望される方は、参加者名簿作成のため、名前(フルネーム)と所属(所属がない場合はお住まいの府県名)を書いて、「第178回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会(8月2日分)に参加する旨」を、下記のメールで川﨑宛にお送りください。

 ◆申し込みメールアドレス:

   doutokunaviosaka2@gmail.com

 参加の申し込みしめきりは、令和2年7月25日(土)とします。

 会場の密度を高くしないため、参加申し込みが定員に達した場合は、締切日以前に募集を終わらせていただきます。また、今後の世の中の状況変化(悪化等)も考えられますので、当日は必ず横山利弘先生を囲む道徳教育研究会ホームページのチェックをお願いします。

 

第172回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会は2月1日に行われました

◆第172回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和2年2月1日(土)

   13:30~17:00

場所:エル大阪(天満橋)

参加人数:75名

今回は、「深い授業とは」というテーマで横山先生が道徳の授業づくりについてお話をしてくださいました。

その中で、「人間が使っている言葉は1対1対応でなく、いろいろな風に解釈できる。だから授業ではいろいろな解釈を出し合っていくのが対話的な授業である」というお話は特に印象に残りました。

今後このテーマを、さらに展開していくとのこと。とても楽しみです。

◆178回(8月1日~2日)夏の合宿の内容を募集しています。どしどし意見をください。

 

第171回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が79名の参加で行われました

◆第171回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和2年1月11日(土)   

 13:30~17:00

場所:エル大阪(天満橋)

参加人数:79名

令和2年初めての学習会が、エル大阪で79名の参加で行われました。前回から資料の読みで横山先生が提唱されている3つ目のパターン「謎をどう解く」について深い学びが今回もありました。その中で、1点突破の授業づくりについてお話があり、資料の型を意識しその資料にあったやり方を深めていくことが「上滑りしない道徳の授業づくり」にとって大切である。そのことが、今回の学習会を通して実感しました。

2月会からは、夏に行われる合宿(8/1・2 兵庫県民会館)のことも話し合われます。「参加して楽しくてためになる学習会」をめざし、これからもしっかりやっていきたいと思いながら帰路につきました。

第170回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が83名の参加で行われました

◆第170回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和元年12月7日(土)

13:30~17:00

場所:兵庫県学校厚生会館(神戸市)

参加人数:83名

今回から神戸の会場が変わり、兵庫県学校厚生会館になりました。とてもきれいな会場で勉強する雰囲気が華やかになりました。

勉強会の方は、「最後の年越しそば」を使い、新たな資料の読みを横山先生からあり参加者一同その講義を聞き入りました。

また、後半は、「問い返しのタイミングや問い方」・「しゃべらない子供に対する対応の仕方」など道徳の授業の質問を会場のみんなで考えました。いろいろな意見が出されそれを参考にしてまた授業を頑張ろうと思いました。

令和元年の勉強会も今回で終了です。

次回は、第171回勉強会は、令和二年となります。どんな勉強会になるのか今から楽しみです。

第169回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が78名の参加で開催されました

◆第169回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和元年11月2日(土)

   13:30~17:00

場所:エル大阪(天満橋)

参加人数:78名

資料読み:虹の国

 -ネルソン・マンデラー

評価について

前回台風19号の影響で、勉強会が中止になりました。2カ月ぶりの勉強会で北は北海道から南は愛媛、山口までたくさんの参加がありました。

今回の資料は、偉人を扱った教材の「何を深めるのか」を横山先生がじっくりお話し下さいました。この手の教材を苦手としている先生方も多く学ぶべきことがいっぱいあった勉強会でした。また、評価も少しずつ話が深まりこちらも学ぶべきことがいっぱいありました。

第167回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が83名で行われました

■第167回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:令和元年9月7日(土)       

  13:30~17:00

場所:エル大阪大会議室

参加人数:83名

横山利弘先生を囲む道徳教育も15年目に入りました。

新しい1年を迎え、横山先生と83名の参加者が、子どもたちにとってよりよい道徳の授業をめざし、また進みだしました。今回は主に子どもの何を見とって評価するのかをテーマに横山先生からいろいろな話がありました。

今後実践の中でこの研究をすすめていくことも、横山先生から話があり、これからの勉強会の行く道が見えたように感じました。