第126回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が開催されました

●第126回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成28年4月2日(土)shuusei-1

   13:30~17:00

場所:エル大阪

参加人数:86人

平成28年度初めての勉強会。近畿を中心に、北海道、関東、中部、中国、四国から86名のshuusei-2参加があり盛大に行われました。

まずは自己紹介。たくさんの人が、転勤など生活の変化があり、これからの思いをたくさん語りました。その話の中で、特に道徳教育にかける思いがすごく、教科化に向け大いに参加者の気持ちが盛り上がりました。

勉強会は、資料「良泉の門出」を使い、「謙虚」について深く学びました。これまでの自分たちの「謙虚」に対する考えが浅いことが今回の学習を通して痛感しました。このような学びをこれからもしっかりやっていくことがよりよい授shuusei-3業づくりにはつながると思い、ぐっと身が引き締まる思いがしました。

 

第125回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が82名の参加で行われました

◆第125回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成28年3月12日(土)shuusei-1

13:30~17:00

場所:兵庫県民会館

参加人数:82名

3月12日(土)第125回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が、兵庫県民会館にて行われました。年度末のこの忙しい中でも,北海道、中部、近畿、中国、そして四国と全国各地から82名の小中並びに大学の教師、学生、教育委員会指導主事、教員OB等が参加し楽しく開催されました。

今回のテーマ:「自然愛護」。

shuusei-3(20)「自然の崇高さを知り、自然環境を大切にすることの意義を理解し、進んで自然の愛護に努めること」

  〔中学校)

(20)自然の偉大さを知り、自然環境を大切にするこ

  〔小学校高学年〕

今回使った2本の資料は、いつもの構図のあるものでなかったので、参加者一同どのように授業を展開すればいいのか悩みました。2本の資料とも、横山先生の解説がとてもわかりやすくかつ胸に響くものがあり,「あ、なろほどな」と腑に落ちました。道徳の授業では本当にいろいろなことを考えないといけないことが改めて分かりました。また、これからもしっかりと学ぶ必要があると実感し今回も心地よい疲れの中家路につきました。

○次回(4月会)

日時:平成28年4月2日(土) suusei-fujinaga 

4月はいつもの第一土曜日です。

 13:30~17:00

 場所:エル大阪(大阪天満橋)

第124回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が91名の参加で開催されました

◆第124回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成28年2月5日(土)shuusei-1

    13:30~17:00

会場:エル大阪(天満橋)

参加者数:91名

今回の学習会では、“畏敬の念”を扱ってほしいというリクエストがあり、2本の資料を使い学習しました。“畏敬”は、すごく奥が深く、横山先生の講義を聞いていると、私たちが生活の中であまり感じない感覚であるので、とても悪戦苦闘しました。

shuusei-3でも、“畏れ敬う心情”について、特に“下への畏敬”についてじっくり考えることが出来すごくよかったです。本当に奥深いと感じました。

今後も,内容項目の理解のため、いろいろなことを、この学習会で学べたら幸せだと思いながら家路につきました。

 

 

○次回(3月会)

日時:平成28年3月12日(土)  shuusei-2

  3月は第二土曜日です。

    13:30~17:00

場所:兵庫県民会館(元町)

第123回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が113名の参加で行われました

123回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成28年1月9日(土)kaishuu3

     13:30~17:00

場所:兵庫県民会館

参加人数:113名

平成28年最初の勉強会が、兵庫県民会館で110名の参加で行われました。当日は三連休の初日でもあるので、いつものように全国各地からこの勉強会にたくさんの人が集まりました。

今回の学習テーマは「道徳の授業方法」。kaishuu2

道徳の授業が「ワンパターン」になっているという指摘の声もあり、道徳の授業で「何を考えるのか」というお話しが横山先生よりありました。このことはしっかり考えないといけないことと考えているので、今回の勉強会での横山先生の一言一言が胸に強く響きました。このことは永遠の課題なので横山先生のお話しをしっかり胸に刻み,今後も考えを深めていきたいと思いました。

次回の勉強会でまた新しい学びが待っています。またどんな内容を学習できるかと,今からとても楽しみです。

○ 第124回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

    日時:平成28年2月6日(土) 13:30~17:00

    場所:エル大阪(天満橋:大阪)

    参加費:1000円

○ 第四回日本道徳教育学会近畿支部『道徳セミナー』

    日時:平成28年2月13日(土) 13:30~17:00

    場所:兵庫県民会館 パルテホール(元町:兵庫県)

    テーマ:「生き方について考えが深まる授業とは」

    内容:模擬授業kaishuu1

        シンポジウム

        横山先生講演

    参加費:1000円

 (注)道徳セミナー参加

 ホームページより要予約

                     http://www.kinki-doutoku.com/kinki/

第122回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 112名の参加で行われました

第122回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年12月5日(土)shuusei1

     13:30~17:00

場所:京都JA会館

参加人数:112名

平成27年最後の勉強会が、京都JA会館で112名の参加で行われました。当日は雪の北海道からも3名の参加があり、いつものように全国各地からこの勉強会にたくさんの人が集まりました。

shuusei3今回のテーマは「愛国心」。これまで学校教育の中で「愛国心」について語ることは避けられがちで、「愛国心については空洞化」しているとも言われていました。その「愛国心」を今回資料「国」を使用して考えました。あまり考えることがなかったテーマなので横山先生の一言一言が新鮮で胸に強く響き、今後もじっくり考えなければいけないテーマであることをしっかり胸に刻み、家路につきました。

次回は新年始めの勉強会です。またどんな内容を学習できるかとても楽しみです。

○ 第123回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

    日時:平成28年1月9日(土) 13:30~17:00

    場所:兵庫県民会館(神戸)

121回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が100人の参加で開催されました

◇第121回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年11月7日(土)kairiyou-1

 13:30~17:00

場所:大阪研修センター

参加人数:100名

今回は初めての場所〈大阪研修センター:十三)での開催であったため、会場に来るのを迷われた先生方が多くいました。大変申しわけありません。次年度の会場を現在予約していますが、大体これまでの場所を予約できている現状です(よかった)

勉強会では、資料「父の借金」を使い、資料の読みについてじっくり考えを深めました。これからは新しい「道徳科の目標」に沿った授業づくりを進めていかなければならないので,その話が横山先生からあったので、今後の展望が少しずつ見えてき多様に感じます。

ただ、「教科書」「評価」などまだまだ分からないことが一杯あるので、これからも勉強をしなければいけないと思いました。kairyou-2

第120回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 10月会 104人の参加で行われました。

◇第120回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

  (10月会)                shuuseizumi-1

日時:平成27年10月3日(土)     

    13:30~17:00

場所:龍谷大学大宮キャンパス

参加人数:104人

秋晴れの中、横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が,京都龍谷大学大宮キャンパスにて、104名の参加で盛大に行われました。

今回は「郷土愛」がテーマ。shuuseizumi-2

兵庫県道徳資料「但馬に牛を」を使い学習しました。横山先生曰く、「郷土愛とは、郷土を愛するものにしていこうとする心」「愛とは、主体的でよりよいものにしていこうとするエネルギーのこと」この話は奥が深いなと参加者一同大きくうなずきました。

毎月1つの内容項目をやっていく今のやり方にも慣れ、毎回の学びがすごくわくわくしながら学習会に参加しています。次回11月は、どの内容項目かをするのか今から楽しみです。

☆次回121回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

                     (11月会)

日時:平成27年11月7日(土)

    13:30~17:00

場所:十三研修センター(大阪府) 阪急十三駅西改札口から徒歩3分

  大阪市淀川区十三本町1-12-15 shuusiezumi-3
  ドルチェヴィータファースト3F
  TEL:06-6302-4040 

 

『これは京都アワーです』⇒

第119回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 130名の参加で行われました。

◆第119回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年9月5日(土)hanataba

 13:30~17:00

場所:エル大阪(大阪府)

参加人数:130名

学習内容:

「わが道を歩むー池田草庵ー」を使い,資料の分析

第119回勉強会は、11年目の始まりでした。
まず、10年間勉強会が継続できたことの記念と感謝を込め、勉強会一同を代表
して3名が,花束と記念品を横山先生に贈りました。
この勉強会が始まったときここまで継続するとは誰も思っていませんでした。
でも横山先生の強い思いで今日まで続き,そしてまた一歩ずつ歩み出していくか
と思うとほんとうにうれしく思いました。

その後、一人一人の自己紹介の後、本日の勉強開始。
今回は、「偉人」を使った資料の読み方。これはとても難しい。
それを「生き方を考える」ことに視点を置き考えようという話が先生よりありました。
今までにない横山先生のお話で参加者はぐぐっと勉強会に入り込みました。  
今日の話は少し難しく感じましたが,今後に繋がる一歩として,11年目の始まりに
はふさわしいなと思いながら帰路につきました。

◆次回  平成27年10月3日(土)13;30~ 京都龍谷大学にて


kougi

































 

第117回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 136名の参加で行われました。

◆第117回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年7月4日(土)

    13:30~17:00yokoyama-3

場所:龍谷大学大宮学舎

参加人数:136名

小雨降る京都にて、第117回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が、131名の参加で行われました。勉強会の冒頭に、横山先生から前日夕方特別の教科道徳学習指導要領解説編が文部科学省のWebに公開された事のお話がありました。そのお話を聞くと、これまでこの勉強会で培ってきたものが今後大いに役立つだろうと思い気合いが入りましyokoyama-4た。『子どもたちの心を育む』ことは、とても大切なことです。しかし、なかなか難しいもあり、それができる教師になるため、これからも日々精進していきたいと強く思いました。

今回の勉強会では、A-6「真理の探求・創造」についてじっくり考えました。授業では何を押さえ深めるのか、そんなことが今回も勉強会の柱となりました。最後に横山先生から資料の中の価値『真理』について深いお話があり、参加者一同今回も大いに勉強となりました。

次回は、8月1日(土)・2日(日)の恒例の有馬合宿です。大いfujinaka-1に誘い合い、みんなでしっかり勉強しましょう!!

 

久しぶりの藤永先生の参加です⇒

 

第116回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が108人の参加で行われました

◆第116回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年6月6日(土)13:30~17:00

場所:エル大阪

yokoyamasennsi-1

参加人数:108人

道徳教育の新学習指導要領の学習5回目:

資料「左手」を使い、A『希望と勇気 克己と強い意志』を深く学びました。

資料の読みで大切なことは、その資料のすごさ、素敵さ、素晴らしさを心で感じること,小手先で資料を読んではいけないことを今回は強く心に残りました。まだまだ資料の読みがzenntai浅いことを実感しました。