第115回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が143名の参加で行われました

◆第115回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年5月2日(土) IMG_1333

13:30~17:00

場所:神戸芸術センター

参加数:143名

大型連休後半1日目。

汗ばむような暖かな日、全国各地から143名が集まり、5月の勉強会が行われました。今回は、新神戸駅より歩いて5分の好立地条件の神戸芸術センターで開催されたこともあり、新幹線を使って中部地方や中国地方からの参加者目立ちました。

常連の北海道からも、また伊豆大島からも参加があり、本当に楽しい会となりました。IMG_1332

学習会では、『個性伸張』について、まず横山先生からお話がありました。そのお話でこれまでの私たちが抱いていた「個性伸張」のイメージが一新されました。その後グループに分かれ資料分析を行い、この内容項目の深さを味わいました。

6月会は,6月6日(土)13:30~エル大阪で開催されます。たくさんの方の参加をお待ちしています。

IMG_1334

 

第114回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会は114名の参加で行われました

◆第114回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年4月4日(土)

yokoyama-1

   13:30~17:00

場所:エル大阪

参加人数:114名

春本番。中之島公園の桜は満開でしたが、

それには目もくれず中横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が開かれました。

前半は、とても暑く汗びっしょりになりながらの勉強でしたが、先月の続き「誠実」についてのお話が横山先生よりあり、とても納得しました。

 

後半はクjikoshoukai-1ーラーが入り、とても快適の中『釣竿の思い出』を使い、「節度・節制」について学びました。平成30年度から使われる新学習指導要領では内容項目を教師側がどう理解するかがとても重要となるので、1つ1つ学んでいくことはとてもありがたいなと今回も実感しました。今回もとても学び多かった勉強会でした。

 

次回は神戸での開催。またどういう学びができるか本当に楽しみです。

 

113回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 3月14日(土)100名で行われました

◆113回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年3月14日(土)

13:30~17:00hennshuuzumi-1

場所:エル大阪(天満橋)

参加人数:100名

平成26年度最終の勉強会。今回より新学習要領の内容項目に即して、1つ1つ学習していくとのことで、今回は『自律』について学習しました。

まずはいつものように資料分析。「のりづけされた詩」を使いグループで学習、大いに盛り上がりました。

その後、横山先生より新しい学習指導要領に即した授業の在り方の話があり、特別な教科”道徳”に向け、不安と期待が更に入り乱れたような気がしました。

でも、今回の横山先生の説明がとても心に響き、今後の学習がとても楽しみになりました。

◆第112回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 122名の参加で行われました

 

◆第112回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成27年2月7日(土)

  13:30~17:00

場所:エル大阪shuusei-2 yokoyama

参加者数:122名

内容:新学習指導要領案(道徳)について

先日文部科学省から出された新学習指導要領(道徳)をグループで読み合わせ、内容を吟味しました。道徳の教科化に向け、どういう学習指導要領が発表されるのかとても楽しみにしていたので、この話題で大いに勉強会は盛り上がりました。特に、新聞に大きく書かれた「問題解決型」「考える道徳」などについて、またshuusei-3 tougi今回「自覚」という言葉がなくなり「理解」になったことなど、そのことについて後半は横山先生が一つ一つ細かく説明をしてくれました。

平成30年度からは教科書もでき、さらなる発展が期待される道徳の時間について、これからも考えを深めていきたいです。

 

◆第112回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

  日時:平成27年3月14日(土)

      13:30~17:00shuuusei-4 guru-putrougi

  場所:神戸県民会館(神戸市)

  内容:資料の読み、模擬授業など

 

 

 

第111回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が行われました

◆第111回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時 平成27年1月10日(土)

13:30~17:00hennshuuzumi-3

場所:京都JA会館

参加人数:111人

新しい年が明け、初めての勉強会が、京都JA会館で、111人の参加で行われました。3連休の1日目ということもあり、今回も近畿2府4県をはじめ、北は北海道から南は広島、愛媛、また福井、富山、岐阜、茨城、埼玉、愛知、岡山等からの参加がありました。

hennshuuzumi-2始めに澤田調査官からユーモアにあふれたお話があり会場がとても和みました。

次に、横山先生から「道徳の教科化』に向けたお話があり、その中でわれあれ教師に一段と求められるものは、『教師力』『人間力』だと痛感しました。

続いて学習会では、今回も『どうすれば授業が深まるのか』を資料を使い考えました。この問題は本当に難しく、勉強すればするほど壁が厚くなるような気がします。でもこの壁を破った時、子どもたちが「生き生き語り合える道徳の授業」ができると思うので、今年もしっかり学ぼうと心に誓いました。

 

◆第112回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

  日時:平成27年2月7日(土)

      13:30~17:00hennshuuzumi-1

  場所:エル大阪(大阪市)

  内容:資料の読み、模擬授業など

第110回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会が開催されました

◆第110回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成26年12月6日(土)

13:30~17:00yokoyamasennsei-1

場所:兵庫県私学会館

内容:資料読み

模擬授業

井上先生

(寝屋川市立石津小学校)

『窓ガラスとさかな」

mogijugyou先月から引きつづき、「子どもの発言のどこを問い返せば深まるのか?」「資料どこを深く読めば資料の中の道徳的価値を自覚できるのか?」等資料の深め方の勉強を今月も行いました。
今回は、大阪府寝屋川市立石津小学校の井上先生が資料「窓ガラスとさかな』を使い、18人の先生や学生を相手に即興で模擬授業を行ってくれました。しっくりとした授業でしっかりみんなで資料を深めることが出来ました。模擬授業終了後、横山先生がどの言葉を押さえたら授業が深まるかといいう話をしてくださり、授業の押さえどころが少し見えたような気がしました。

◆第111回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

  日時:平成27年1月10日(土)hannseikai

      13:30~17:00

  場所:京都JA会館

  内容:資料の読み、模擬授業など

 

 

109回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会102名の参加で行われました

◆109回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成26年11月1日(土)

   13:30~17:00kougi-1

場所:エル大阪(天満橋)

参加人数:102名

内容 資料の深め方

「海と空 ~樫野の人々から」

参加した感想

今回は、北海道から7名の新しい参加がありました。遠路はるばる大阪までやってきていただき、感謝!!kougi-2

この勉強会が日本全国から注目を浴びている。考えを同じくする先生方が「色々な都道府県で授業をしている。深く考える道徳の授業ができつつある」本当に素敵なことだと思っています。もっともっと『なかまの輪』が広がることをこれからも期待し願います。

今回は、「海と空~樫野の人々~」を使い、『資料の何を深めるか』ということについて素敵なレクチャーが横山先生からありました。道徳の時間の目標は、学習指導要領によれば

小学校:

道徳的価値の自覚及び自己の生き方についての考えを深め、道徳的実践力を育成する。

中学校:

道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成する。

そのためには「資料の中の何を深めるのか」ここがわかればすごく道徳の時間が面白くなり子どもたちも目を輝かせて授業を受けることだと思います。「これからもこのことを追及していく」との先生の話、とても今後が楽しみです。12月が待ち遠しく思います。

 ●第110回(12月会)

  日時:平成26年12月6日(土)

  13:30~17:00

  場所:兵庫県私学会館kougi-3

第108回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 10月11日(土)114名で開催されました

◆第108回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 日時:平成26年10月11日(土)  

     13:30~17:00

場所:京都JA会館shuusei-2

参加者114名

内容:横山先生の講義

   資料分析・模擬授業

資料:埋み火(文部省)

勉強会の様子:

今回は澤田文部科学省教科調査官・藤永大阪教育大学名誉教授が出席され、『最近の道徳教育について』のお話があり、その後、横山先生から『どう生きるのか』『倫理学』『人格の完成』『最近の講演会での出来事』などいろいろなお話がありました。shuusei-3

休憩後は、資料「埋み火」「文部省)を使い、資料の読み方、授業の深め方などの話とプチ授業がありました。「資料を深めるには、深めどころを鋭く切れ込む」ことが大切であるなど、いろいろな学びが今回もありました。参加して本当によかったです。

また、勉強会終了後の懇親会では、サプライズな発表があり、大いに盛り上がりました。

 『おめでとう!!』konnsinnkai

 次回:第109回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

  日時:平成26年11月1日(土)

      13:30~17:00

  場所:エル大阪会議室

 

第107回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会 138名で開催されました

第107回 横山利弘先生を囲む道徳教育研究会

日時:平成26年9月6日(土)IMGP2880

13:30~17:00

場所:エル大阪

内容:資料分析

新ちゃんの流しびな

最後のおくりもの

感想:

今回より10年目に入る勉強会。全国各地から、近畿2府4県はもちろん、北は北海道、茨城県、埼玉県、愛知県、石川県、西は、徳島県、岡山県、広島県、九州熊本県から、合計138名もの人々が大阪にやって来ました。

今回の資料は「新ちゃんの流しびな』「最後のおくりもの」の2本。じっくり読み込みました。

「新ちゃんの流しびな」では、資料のインパクトが強いので下手に問えばこの資料のよさが壊れてしまう恐れがあるとの横山先生の話で、感動した部分を互いに交流し中心発問をズバッと聞くのがよいとことでした。

IMGP28772本目の「最後のおくりもの」では、通常2-(2)思いやりの資料として扱われることが多い資料ですが、ジョルジュじいさんロベーヌを思う思い、「息子です」ときっぱりと言ったロベーヌの思いは、「家族愛」に通じるという横山先生の話に、参加者一同納得の一言でした。

今回も学んだことはとても深く、大満足で帰路につくことができました。

次回は、通常の第1週の土曜日ではなく、第2週です。

平成26年10月11日(土) 13:30~17:00

京都JA会館で行われます。たくさんの参加待っています。

 

有馬合宿 8月2日~3日 66名の参加で開催されました

有馬合宿

日 平成26年8月2日(土)shuuseizumi-1

 ~8月3日(日)

場所:有馬かんぽの宿

参加者:66名

夏恒例の有馬合宿が、8月2日(土)~8月3日(日)に、有馬かんぽの宿で行われました。

今年は近畿地方の各府県をはじめ、沖縄、熊本、茨城、埼玉、東京、福井と富山、愛知、香川、岡山など全国各地から、66名の参加。shuuseizumi-2

当日は、大阪府柏原市立柏原東小学校上垣先生・東京都三宅村立三宅中学校池田先生、龍谷大学大学院川﨑さんによる実践発表、大阪教育大付属池田小学校渡部先生による資料『メジロ』を使っての模擬授業、『ブランコ乗りとピエロ」を使っての資料読み、また澤田教科調査官による道徳の教科化についてのお話等、ほんとうに盛りだくさんのメニューで、参加者一同幸せな道徳漬けの2日間となshuuseizumi-3りました。

夜は恒例の懇親会。道徳クイズに盛り上がり、懇親会終了後も2次会、3次会と夜遅くまで語り明かし各々大いに楽しんだ夜となりました。

本当に楽しい2日間でした。

 

◆次回予告「第107回横山利弘先生を囲む道徳教育研究会」

日時:平成26年9月6日(土) 13:30~17:00

場所:エルおおさか

〒540-0031
大阪市中央区北浜東3-14
TEL:06-6942-0001