道徳ナビIN大阪 4月会 15名の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪 4月会

日時:令和3年4月10日(土)

13:30~17:00

場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

参加人数:15名

今日の道徳ナビでは、主題「感動・畏敬の念」を扱いました。とても資料が難しかったです。だからこそ、こうやってみなさんの考えを聞かせていただくことが、貴重だと思いました。”感動”とは何で、「感動したらどうして涙が出てくるのか?」、「感動の対象となるものはあるのか」など考えていました。そして、道徳は「感動」と最も近い学びであることにも気づきました。「心が動く」道徳の授業をめざしたいと思いました。

今日は、久しぶりに道徳ナビに参加させていただきました。非常に内容の濃い時間を過ごすことができました。ありがとうございました。「感動・畏敬の念」は、人為によるもの、自然・宇宙によるもの、大きく分けて2つあると思います。今回のナビで感じたのは、自然・宇宙に関する内容は、スケールが大きすぎ、生徒が想像しずらいということもあり、深く考えるのは難しいということです。その際は、自然・宇宙に触れた資料中の人物の心の動き(感動)に焦点を絞って、問いを進めていくことが大切だと感じました。また勉強していきたいです。

今日は楽しく勉強させていただきました。4月なのにたくさんの先生方が参加されてみなさんからパワーをいただきました。末本先生の授業は「考える」発問が次々とやってきて、「考えるっておもしろいな」と生徒役をして感じました。やっぱり、道徳は「なんで」を聞くことが楽しさにつながると実感しました。

今回初めて参加させていただきました。少しでも道徳の勉強がしたいと思って参加でしたが、とても楽しくて時間が短く感じました。先生方がいろいろな角度から教材を捉えていることが、大変参考になりました。ありがとうございました。また参加します。

久しぶりに参加でした。今日も中身のある多くのことが学べました。指導案をつくっていく上で自分はこのように考えていたけれども、子どもたちの意見を聞きながら違うところに行ってしまうことがよくあります。それについて、「問い方よりも問うたことに対するどんなことが出てくるのかを予想し吟味する。その道筋をつけながらしぼっていき価値を深めること」が大切であることがよく分りました。このことは難しいけれども、少しずつやっていければと思いました。

◆道徳ナビINN大阪(5月会)案内

 日時:令和3年5月8日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

〒583-0026 

大阪府藤井寺市春日丘3丁目1-78
近鉄南大阪線 藤井寺駅 
南出口から徒歩約3分

*参加する人は、当日会場にお越しください。

 但し、学習会に参加する場合は、当日朝検温をお願いします。発熱している場合は、参加はお控えください。会場でも検温を実施いたします。また、「マスクの着用」、「手の消毒」等もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

道徳ナビIN大阪 3月会 14名の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪3月会

日時:令和3年3月19日(土)

13:30~17:00

場所:貝塚市立東小学校

参加人数:14名

参加した感想:

久しぶりに参加しました。「よりよく生きる喜び」についての項目、いろいろな資料で様々な角度から考えることができました。孟子と荀子の「性善説」、「性悪説」について、その思想がどこから来たものか考えることができたことが今日の学びの中で一番心に残っています。川﨑先生のお話もこれからもっと聞きたいと思いました。これからもよろしくお願いします。

今日はたくさんの学びを得ることができました。道徳が強化になって2年。ちょっとありきたりになってきています。おもしろい(interesting)な道徳が広まる様勉強し続けていきたいです。「よりよく生きる」ことについて学びましたが、改めてこの内容項目の深さや面白さを知ることができました。①気高さ、強さ ②理解 ③生きる喜び この3つのポイントをイメージしてこの教材を使ってとことん追求していきたいです。道徳ってやっぱりおもしろいです。来年もよろしくお願いします。

先日の会議で来年度の道徳研修案が却下され、3年連続で道徳の研修が行われない本校にとって、今日の内容は特に本校の研修にふさわしい内容だったと思います。「よりよく生きる」は、それ自体素晴らしい内容項目なのですが、松原先生の「人って本当は?」も是非本校で示範授業していただきたかった授業ですし。川﨑先生の「ネパールのビール」の開設も、本校の先生方のも聞いてほしい内容でした。一日通して楽しく深く考えることができました。

「人間って、いいね」を考えるのが道徳ですね。100歳でも人って何だろうをかんがえるのも面白い。100歳でも道徳をしていたいと感じられる。このナビがステキです。

久々に濃い学びの時間でした。「よりよく生きる」ってどういうことかわからないけれど、「よりよく生きる」ってどういうことかを共に考えることが考える時間がステキだなって改めて感じました。「ネパールのビール」前回読んだ時よりも、一層主人公・NHKの人に対してイカリを感じ、つい今時代ならチョウカイものだと思いました。東小学校での勉強会も最後と思うと感慨深いものです。どんな時もあきらめず学びの場を提供してくださりありがとうございます。

◆道徳ナビINN大阪(4月会)案内

 日時:令和3年4月10日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

〒583-0026 

大阪府藤井寺市春日丘3丁目1-78
近鉄南大阪線 藤井寺駅 
南出口から徒歩約3分

*参加する人は、当日会場にお越しください。

 但し、学習会に参加する場合は、当日朝検温をお願いします。発熱している場合は、参加はお控えください。会場でも検温を実施いたします。また、「マスクの着用」、「手の消毒」等もよろしくお願いします。

 

 

 

 

道徳ナビIN大阪 2月会 15名の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪 2月会

日時:令和3年2月27日(土)

13:30~17:00

場所:忠岡町立忠岡中学校

参加人数:15名

本日は研究授業をさせていただきありがとうございました。結末の手前で、発問を「街とは何か」に変えた方がよかったことや「僕たちの街」から「自分たちの街」を考えさせるのに、もう少しスムーズに話を移した方がよかったこと、もう少し最後の議論を深めることができれば等いろいろと反省点はあります。でも、このように授業をするとたくさん学べることはありがたく、参加者している先生方から感想文をいただけることもありがたいです。またチャレンジしたいです。ありがとうございました。

今日も貴重な研修をありがとうございました。東日本大震災という大きな出来事の中で、「郷土愛」について考えることができよかったです。大震災の事象を追うのではなく、道徳の授業としてしっかり「心」を考えることで、ブレることなく、自己の生き方について考えを深めることができました。郷土の文化や歴史に親しむ中で、「何」を考えさせるのかをこれからも考えていきたいです。

本日もありがとうございました。今日の資料検討を通して、自分自身が日本の「伝統」や「文化」のよさを改めて発見できた気がしました。特に、”ふろしき”と”和菓子”の資料では、自分自身もそのよさに気付いておらず、主人公と同じだなと感じました。そして、今日気づいたよさを子どもたちに伝えていきたいと思ったし、そのよさについて子どもたちが考えを深められるような道徳の授業がしたいと思いました。

今日の教材は、中学生向けは1本だけでしたがそれぞれでいろいろと考えを深めました。文章が短く、簡単なものもありましたが、その教材でも十分に熟考する必要があり、若い先生方でも指導案どうりではなくいろいろと自ら学んだうえで深い授業をしてほしいと思いました。時分自身もまだまだできていないことが多いので自分への自戒も含めてこれからも真摯に学び続けていきたいと思いました。本日もいろいろと学ばせていただきありがとうございました。

いつも楽しい勉強会をありがとうございます。本日は「伝統文化の尊重」について学びましたが、この内容項目も、「愛」がキーワードであること・「過去」・「現在」・「未来」の時間軸を感じながら進めること、この2つのポイントが私の中ですとんと落ちました。次回この内容項目にチャレンジしたいです。とても楽しい1日になりました。

※次回予告:3月会(場所に注意して!!)

日時:令和3年3月20日(土)

13:30~17:00

場所:場所:貝塚市立東小学校

貝塚市立東小学校 アクセス 2 令和2年度版

 

道徳ナビIN大阪1月会は11人の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪1月会

日時:令和3年1月23日(土)

13:00~17:00

場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

内容:生命の尊さ

1.おじいちゃんとの約束(小学校高学年)

2.ヌチヌグスージ(小学校中学年)

3.生き物と機械 (小学校中学年)

4.語りかける目 (中学校)

参加しての感想:

今日は貴重な研修をありがとうございました。コロナ禍にあって、命について考えることが多くある中でとてもタイムリーな内容でした。「命」を考える熱さを持ちつつ、冷静に授業をすることの難しさを感じています。教材のもつよさをしっかり生かし、児童に的を絞った授業をしていきたいです。

本日もありがとうございました。『生命の尊さ』は「有限性」・「連続性」・「偶然性」など考えさせたい部分が多くあり、考えることが楽しかったです。“生き物と機械”の教材については考え出すと大人の方が理屈っぽくなってしまうのではないかと感じました。子どもたちの方がシンプルに考えられるのではと思いました。この教材は難しいけれど面白いなって感じました。時代の流れと共に考え方が変わってくる教材だと感じました。でも、そこが道徳の面白さだとも思いました。

『生命の尊さ』について、昨日4年生に授業をしたので、自分の授業内容を見つめながら参加させていただきました。「命とは何か?」命が大切なのは理解している(つもり)だが、それをどう言語化させたり動作化させたりして「自我関与」させていくのか、今後の授業づくりに生かしていきたいと思います。

本日も濃い内容の学びをありがとうございました。「生命の尊さ」の授業は資料の力を借りれば授業の方はそれほど難しくないと思うのですが、授業をする際のプレッシャーはとても強いものがあるように思います。それは、絶対に薄い授業をしてはいけないと思い、どうしても固い授業になってしまいます。今日の学びを活かしもっと意見の出る授業をつくり出したいです。

※次回予告:2月会(場所に注意して!!)

日時:令和3年2月27日(土)13:30~17:00

場所:場所:忠岡町立忠岡中学校

〒595-0805 大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1丁目17-5

南海本線忠岡駅から徒歩約3分  

 

道徳ナビIN大阪 12月会 15人の参加で行われました

●道徳ナビIN大阪12月会

日時:令和2年12月19日(土)

13:30~17:00

場所:四天王寺小学校

(藤井寺市)

参加人数:15名

参加した感想:

本日は授業をさせていただきありがとうございました。自分の想定の甘さや想定の中で何とか収めようとしていたことの愚かさを痛感しました。松原先生からいただいた板書で整理してから追発問することや川﨑先生から教えていただいた5つ集めて一気に板書するなど、授業技術に関わるスキルアップや発問をもっと考えておくべきだと学ばせていただいたことを次に生かしたいと思います。またチャンスをいただけるならリベンジさせてください。

本日の内容項目「よりよい学校生活、集団生活」役割と責任は難しく感じました。特に、問いを作るのが難しく思いました。いろいろな切り口があることが分り勉強になりました。先生という仕事をしていると集団生活に一定の価値がありいつもその報告に持っていく習慣がついているので問は難しく感じました。中学校の教材の方が考えやすきおもしろかったです。

集団生活の充実は、とても子どもに身近な話なので子どもが理解している先を考えさせることが、より大切だと改めて感じました。集団生活の話は、登場人物が多数か出てくるので、その登場人物の『共通点』を探して、そこを深めていく展開がとてもよいなと思いました。教材を理解してできるだけシンプルに大切なところを問うことを常に意識していきます。

『不易と流行』の話がありましたが、指導法をどんどん新しく出せていく川﨑先生と学習指導要領の内容項目の理解をきちんと深めていく杉中先生の姿勢が、『不易と流行』ではないかと思いました。自分も新しい方法の開発とともに資料や内容項目の理解をさらに深めていこうと思いました。

本日は「集団生活の充実」について学んだ。「敬愛」には『感謝』、「役割」には『責任』が伴っている。内容項目をしっかり読んで、それに従って価値を子どもたちに考えさせるような指導案を作ることをめざしていきたい。

◆道徳ナビINN大阪

 (1月会)案内

日時:令和3年1月23日(土)

13:00~16:00

いつもと時間が違います。注意してください

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

 内容:模擬授業・資料分析

*参加する人は、当日会場にお越しください。

 但し、学習会に参加する場合は、当日朝検温をお願いします。発熱している場合は、参加はお控えください。会場でも検温を実施いたします。また、「マスクの着用」、「手の消毒」等もよろしくお願いします。

 

 

道徳ナビIN大阪 11月会 22人の参加で行われました

●道徳ナビIN大阪11月会 

日時:令和2年11月21日(土)

13:30~17:00

場所:四天王寺小学校(藤井寺)

参加人数:22

参加した感想:

「あなた目線」というのが新鮮でした。もっといろいろと聞きたかったです。書かせる活動の勧めも、今までの流れからすると新鮮でした。まず個人で書かせて、というのは自分もかつてよくやっていたので、ぜひまたやってみたいと思います。久しぶりに大阪に来て、みなさんが元気そうで安心しました。また、パワーをもらいました。

『きまり」の意義についてをどう指導していくべきかあらためて考えることができました。「民主主義と多数決の近くて遠い関係」も面白い資料だと思いました。

本日もしっかり学ぶことができました。ありがとうございました。人権と道徳って、私はあまり区別できていないと思いました。「民主主義」、「個の幸せ」、「社会の平和」、「現実と心」等頭が混乱した今日の学びでした。

本日はありがとうございました。4つの教材を半日足らずで協議できるなんて、とても濃密で贅沢な時間となりました。特に「あなた目線」という投げかけ方は、今までしてこなかったので、やってみたいなと強く感じました。様々な先生のお考えを聞くことができ、とても有り難かったです。また次回もよろしくお願いします。

いろいろな資料がある中で、4年生用の「きまりのない国」は楽しい教材でした。グループでの話が盛り上がりました。資料を、「内容項目」と「指導の要点」に照らし合わせて、どう授業を構成するかを考えるのがとても楽しいです。改めて元気をいただきました。前半の小山先生の授業に遅れてしまったことが後悔します。

今日は川﨑先生の新しいやり方を聞くことができてよかったです。「自我関与」、主人公に自分を重ね合わせてという手法は子どもたちには難しいようです。でも、「主人公のことをどう思うのか」なら、子どもたちも考えて発言しやすそうです。チャレンジしてみたいと思います。とても勉強になりました。

いわゆる「道徳っぽい資料でない資料」をじっくり勉強ができて面白かったです。自分が、これらの授業をした場合、道徳の授業になるか心配だなと感じていましたが、川﨑先生が言った「道徳は結局のところ『よりよく生きる』やからな・・・」という言葉に安心しました。どの「資料」・「内容項目」にあっても、「よりよく生きる」という言葉を常に頭の片隅に置いて、授業に臨もうと思いました。

今日も深い学びをありがとうございます。「民主主義と多数決の近くて遠い関係」の授業を見ることができなかったことが、とても残念です。ぜひ見たかったです。今日の学びを振り返ると、自分がいつしか固定観念にとらわれていることに気づきました。マニュアル的に、「班活動」や「学活的なやり方」がダメと決めつけていました。しかし、「理由」や「目的」を考え、それによって深められるならば、もっと自由に発想してもいいのだと、今日学ぶことができました。常に新しく創造していくことが大切だと思いました。

◆道徳ナビINN大阪(12月会)案内

 日時:令和2年12月19日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

 内容:模擬授業・資料分析

*参加する人は、当日会場にお越しください。

 但し、学習会に参加する場合は、当日朝検温をお願いします。発熱している場合は、参加はお控えください。会場でも検温を実施いたします。また、「マスクの着用」、「手の消毒」等もよろしくお願いします。

 

 

道徳ナビIN大阪10月会 23名の参加で行われました

●道徳ナビIN大阪10月会

日時:令和2年10月17日(土)

13:30~17:00

場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

参加人数:23名

参加した感想:

模擬授業を見せていただき、たくさんの問い返しワードを学ぶことができました。授業の核心をしっかり持ち、そこにたどりつくまでの道筋に乗っている感じがして、しっかり考えることができました。子どもたちもきっと、「こういう風にしっかりした道筋があれば、『考えよう、考えよう』となっていくんだろうなー。」と、今日もまた新しい学びがあり、参加してよかったと思いました。学校で一人で道徳の授業をどうしようかと悩んで息詰まっていても、道徳ナビに参加すると、道が開けてやっぱり道徳がんばろう!!と思えます。ありがとうございました。

「スイッチ」で、自由について考える授業づくりをグループで話し合いました。資料をどう読みどこを選んで話を深めていくか、そして最後に再度押える。また授業をやってみたくなりました。

前半の「町内会デビュー」では、「何に気づいたのか?」からスタートして「何で?」と出てきた意見を何度も深めていき、考えすぎて頭がいっぱいになるぐらい考えました。「深めていく」ということは考えることでもあり、大切だと改めて思いました。後半では、「自律、自由」と発達段階に応じて詳しく勉強することができました。

「自由」について考えることができました。「自由に生きる」ことは簡単にできそうで難しく、だからステキな生き方になるんだなと、自分の中で確信しました。私自身が「自由に学べ」、「自由に生きる」生き方をしていこうと、今回の勉強会で学びました。松原先生の模擬授業、とても考えることができ楽しかったです。

本日もたくさんの学びをありがとうございました。Aの自分自身に関することの内容項目では、子どもの考えを「他律」から「自律」へと向かわせることがいつも難しいと感じています。どうしても不完全燃焼でモヤッとして終わってしまうことが多いです。「他律」の意見はしっかり受け止めたうえで、そこからもう一段階問うて深めてなければスッキリしませんね。低学年での効果的な問い方を、日々の実践の中で見つけていけたらと思いました。

◆道徳ナビINN大阪(11月会)案内

 日時:令和2年11月21日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

 内容:模擬授業・資料分析

*事前申し込みは、今回より行わず当日会場にお越しください。

 但し、学習会に参加する場合は、当日朝検温をお願いします。発熱している場合は、参加はお控えください。会場でも検温を実施いたします。また、「マスクの着用」、「手の消毒」もよろしくお願いします。

 

 

道徳ナビIN大阪9月会は、31名の参加で行われました。

◆道徳ナビIN大阪9月会

日時:令和2年9月26日(土)

   13:30~17:00

場所:四天王寺小学校

   (藤井寺)  

参加人数:31名

参加した感想:

毎回「なるほど」と思わせてくれてとても勉強になります。「友情」の資料での進め方を学びました。「信頼」って何?「それでどう思ったの?」と生徒たちに問い返していくことが大切なんだと感じました。なかなか「友だちのこと」を素直に言い合えることが私の授業ではできていませんが、積み重ねていくうちに「ぽつぽつ」とつぶやき始めていけばいいなと、今日の最後に思いました。楽しい会をありがとうございます。

2回目の参加でしたが、前回同様学びの多い研修会で来てよかったなと思いました。模擬授業をさせていただき、たくさんの意見を聞くことができ次はこうしてみたいという気持ちになりました。みなさんの温かいメッセージやアドバイスがとても嬉しかったです。貴重な機会をありがとうございました。今日お話の合った「ミステリーを紐解いていく」という視点を持ち教材研究にはげみます。また、心を育てることの大切さを再認識しました。この思いを忘れず来週からまた頑張ります。

道徳の授業の中で難しさを感じるところは「深める」ところです。自分の授業では、よい意見ばかりがでて、何か深まりが足りないなと感じることが多いです。今日のナビを通して、「どの部分に着目するか」・また、「その部分をどのように問うのか」で深まりがかなり変わるなと感じました。今日初めて参加しましたが、是非次回も参加したいと思いました。本日はありがとうございました。

本日はありがとうございました。道徳は「なぜそういう行動をしたのかを読み解くミステリーツアーだ」という言葉にすごく納得しました。今までも、変化に注目して、授業を組み立てていましたが視野が狭くパターンに当てはめようとした授業が多かったなと思いました。中心をどこと定め、そこを紐解いていくのは、やっぱり面白いと思いました。子どもの出た意見から方向を決めて価値に迫らせることも本当はやってみたいのですが、やっぱりそこにはまだまだ技術も足りないなと思うので、まずは自分が思う「ここ!」というところから、しっかり考えて授業していきたいと思います。

◆道徳ナビINN大阪(10月会)案内

 日時:令和2年10月17日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

 内容:模擬授業・資料分析

道徳ナビIN大阪7月会 23名の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪7月会

日時:令和2年7月25日(土)

13:30~17:00

場所:貝塚市立東小学校

参加人数:23名

参加した感想:

初めて参加させていただきました。とてもよい雰囲気で意見も言いやすくとても楽しく勉強させていただきました。教材1つ取っても、どこを中心発問にするかで大きく変わってくることを再確認できたし、今日参加された様々な人の意見を聞いて、私自身の考え方も以前より広がったような気がします。今小学校3年生の担任をしていますが、「ないたあかおに」を飛び込み教材でやってみたいなと思いました。次回、模擬授業をさせていただくという貴重な機会を用意してもらえたので有り難く思っています。よりよい授業づくりのためにがんばりたいと思います。

「部活の帰り」で、授業をさせていただき、大変勉強になりました。「異性理解」を「人としてどう成長したか?」を学ぶ授業を作っていけばより深く思いを考えられると私自身が学べました。道徳は、「人としてよりよく生きる」ことを学ぶことを基本に指導案を作っていきたいと思っています。「友情」はやはりみんなが知っている思いなので難しかったです。でも、「泣いた赤おに」はなんだか心に落ちました。赤おにさん、オニですがとても人間らしいです。温かい話をたくさん読んで考え思い、心の中も温かくしていきたいです。また、授業をさせてください。とても勉強になりました。成長を感じさせる道徳ナビが「好き」です。

今日初めて参加させていただきました。世の中は新型コロナウイルスでバタバタしていますが、この教室の先生方は道徳に対する思いが熱く、心が1つになっていたように思います。あっという間の3時間30分でした。

①大きくつかんで→大事なところを深める!(主題に迫る)

②What→Whyで本質に迫る!

③「どうしてそう思うのか?」という問いから、自分・相手・よりよく生きるへと深めていく方法!

など、道徳の授業づくりで大切なことをたくさん教えていただきました。また、たくさん教材研究することで、その価値項目について深められたと思います。次回も是非参加させていた抱きたいです。今日は本当にありがとうございました。

ありがとうございました。1年空いていました・・・・・。ここに来るのは本当に楽しいです。少しずつ教材を読むことが楽しくなり、自分なりのつかみでいいんだと思えるようになってきました。時々大ずれして落ち込んでいたころはそれはそれで学びがあって楽しかったです。若手を連れてきたいと思いつつ立場上パワハラと言われそうで…難しいなと思います。ここでいただいた指導案と展開のねらいを学校のほうで伝達研修します。今日一緒に来た箕面市教研道徳部会には若手から伝達してもらいます。また来させていただきます。

◆次回予告:

①道徳ナビIN大阪 9月会

 日時:令和2年9月26日(土)

   13:30~17:00

 場所:四天王寺小学校(藤井寺市)

 

 

 

 

道徳ナビIN大阪6月会が6月20日(土)27名の参加で行われました

◆道徳ナビIN大阪 6月会

日時:令和2年6月20日(土)

13:30~17:00

場所:貝塚市立東小学校

参加人数:27名

参加しての感想:

とても勉強になりました。自分で発問を広げられるようになりたくて様々な研修会に行きましたが今日は今までで一番よく理解できたというか、深く学べた実感を持つことができました。ありがとうございます。次回もお世話になります。

久しぶりの道徳ナビ。あっという間の3時間半でした。昨日川﨑先生に生徒授業と教師研修をしていただき、さらに今日学ぶことで昨日のお話が深まりました(道徳は深いです。おもしろいです)よりよく生きることを考えるために発問を何にするか、その答えは何か、資料をよく読みできるだけ多く考える。いらないところは発問しない。そこまで読み取れたらいいなと思いながら道徳を続けていけたらいいと思います。また1年後に研修に来てください。ボーとしている頭にカラシを入れてください。

久しぶりの道徳ナビ、とても楽しかったです。元気が出ました。やっぱりひとりで考えるよりもみんなで考える方が楽しいですね。子どもたちの受ける道徳の授業も、きっとこんな感じでみんなで考えるからこそ楽しいし深まるのだろうなと改めて感じました。コロナの影響でいろいろと制限がありますが、最大限の工夫をして子どもたちの心が動き道徳の時間を設けられるよう努力していきたいと思いました。

久しぶりの道徳ナビとても楽しい時間を過ごしました。コロナで教育が日々変化しどこに向かっているか分らないモヤモヤとして日々を過ごしていましたが、今日道徳ナビに参加し道徳を通して、みんなで同じ方向を見て教育について考えることができ、気持ちが晴れたように感じました。まだまだコロナで大変で道徳ナビがある限り参加したいです。

●次回予告 道徳ナビIN大阪7月会

 日時:令和2年7月25日(土)

13:30~17:00

場所:貝塚市立東小学校       

           貝塚市立東小学校 アクセス                                  

ただ、今回はコロナウイルス感染防止を徹底するため、事前に参加者を把握したいと思います。

参加を希望される方は、「参加する旨のメール」を下記のアドレスでメールを川﨑宛にお送りください。

◆申し込みメールアドレス: masaya@kaizuka.ed.jp

今後の世の中の状況変化(悪化等)も考えられますので、当日は必ず道徳ナビIN大阪のホームページのチェックをお願いします。